マンスリーカンポー Back Number
2015年9月[五虎湯]

五虎湯という処方をご存知でしょうか?

5種類の生薬から構成されるシンプルな漢方処方の一つですが、五匹の虎が入っているのではなく主薬の石膏は肺が効果があり、肺を守る守護神が白虎であることから5つの生薬が肺を守るということで五虎湯と名付けられたようです。

配合生薬は「麻黄・杏仁・甘草・石膏・桑白皮」の5味で構成されていて、麻杏甘石湯に桑白皮が加味された処方ともいえます。

効能効果は「せき・気管支喘息」で、咳や喘息の寛解期よりは発作時や発作を繰り返しやすい時におすすめの漢方薬です。石膏と麻黄が組み合わさり、桑白皮が加わることで咳や喘息の発作を鎮めるだけでなく発作の原因である炎症も鎮めてくれるので咳の誘発が減少することも期待できます。

小青竜湯も気管支喘息の漢方処方の一つですが、味に好き嫌いが出やすい漢方薬ですので、飲みやすさから言えば五虎湯の方が飲みやすいと思います。

ただし、虚弱体質や慢性的に血圧が高い方は注意が必要です。喘息の薬や吸入薬をしようしていても発作を繰り返しやすい方は、漢方薬と併用することで発作の頻度を減らしてお薬の使用量も軽減できるんですよ。

バックナンバー一覧へ
このページの先頭へ