マンスリーカンポー Back Number
2014年5月[柿蒂湯]
« 2014年4月[折衝飲] 2014年5月[柿蒂湯] 2014年6月[猪苓湯] »

柿蒂というのは柿のヘタのことなんです。この漢方薬は柿の蔕(ヘタ)を使っているので柿蒂湯という漢方薬なんですね。今まで捨ててたあのヘタの部分が漢方薬とは驚きですよね?

構成生薬は柿蒂・丁子・生姜の3種類から出来ています。シンプルな処方ですよね。
効能効果はズバリ、「しゃっくり」です。

もともと柿の蒂だけでも民間療法では「しゃっくり」に効くと云われているのですが、しゃっくりの原因の一つに胃の冷え(胃周辺部の血流低下)が関わっていることが多いため丁子と生姜を加え、胃腸を温めることで効果が高められています。

繰り返すしゃっくりや止まりにくいしゃっくりだけでなく、肺や胃周辺部の手術後のしゃっくり、病後のしゃっくりにもしばしば効果が出ていますのでお悩みの方はお試しください!

バックナンバー一覧へ
このページの先頭へ