マンスリーカンポー Back Number
2012年12月[芎帰膠艾湯]
« 2012年11月[半夏瀉心湯] 2012年12月[芎帰膠艾湯] 2013年1月[二陳湯] »

芎帰膠艾湯の効能効果には 痔の出血 しか記載がありません・・・実にもったいないと考えています。

構成生薬は、当帰・芍薬・川芎・地黄・艾葉・甘草・阿膠の7種類です。ちなみに艾葉とは「よもぎの葉」のことなんですよ。よもぎには、温経散寒・止血・止痛・燥湿 の効果があると漢方ではいわれています。

当帰・芍薬・川芎・地黄は「四物湯」という漢方の処方で、血行を良くしてくれる働きがあるので、乾燥肌や冷え症、シミやしもやけの改善に使われたり婦人科系疾患(血の道症)にしばしば用いられたりしています。そして、阿膠という生薬・・・補血・止血・滋陰効果があるのですが、これはロバの膠のことでコラーゲンのかたまりみたいなものです。

ということは・・・もちろん痔の出血に効果があるのはわかりますが、冷えや乾燥肌、毛髪や爪・皮膚の栄養不足にも効果がありそうですよね!実際に、婦人科系の疾患で長期服用されていた結果、お肌の色つやが良くなり二枚爪まで治った方がみえます。その方には、「あれこれサプリメントに手を出すくらいならお得ね!」なんて言われました(笑)

芎帰膠艾湯は、身体の内側の出血傾向にしばしば使われるので紫斑病や貧血体質で血管がもろく内出血しやすい方にもおすすめですよ!

バックナンバー一覧へ
このページの先頭へ