マンスリーカンポー Back Number
2012年6月[啓脾湯]

湿度が高まるこれからの季節、胃腸機能に影響が出る方もみえるのではないのでしょうか?

啓脾湯は、人参・白朮・茯苓・蓮肉・山薬・山査子・陳皮・沢瀉・甘草の9種から構成されており、効能効果は、顔色が悪く、食欲が無く、下痢の傾向があり、胃腸虚弱・慢性胃腸炎・消化不良・下痢に良いとされています。

人参・白朮・茯苓・甘草は、胃腸機能を回復させて、元気を補う働きがあり、そこに消化を助けてくれる山薬・山査子と胃腸内の水分調節を整える陳皮・沢瀉・蓮肉が配合されています。

気温が上がるとついつい冷たいものを取りがちになってしまいます。そこに、湿度も高いと胃腸には湿気が蓄積されやすくなり消化機能が低下します。この蓄積された水分を強制的に排泄しようとするのが下痢です。また、消化機能が低下してしまうと食べ物が消化されにくくなり消化不良性の下痢も起こりやすくなります。啓脾湯は当にこんな時の救世主なんです!

日頃から消化不良や水分を取り過ぎると下痢をしやすい方は、予防や体質改善(消化改善)として服用することもできますよ。

バックナンバー一覧へ
このページの先頭へ