マンスリーカンポー Back Number
2012年4月[当帰散料]
« 2012年3月[酸棗仁湯] 2012年4月[当帰散料] 2012年5月[葛根湯] »

安胎薬ってご存知ですか?妊婦さんの体調を整え出産をしやすくするだけでなく、お腹の赤ちゃんを健やかに養う働きのあるお薬のことです。妊娠中のママにはさまざまなトラブルが潜んでいます。妊娠中毒症や切迫早産、下肢静脈瘤や貧血など・・・もともと健康だった方にも起こる可能性がある疾患です。

当帰散(料)はそのような産前産後のトラブル(貧血・疲労倦怠感・めまい・むくみ)に効果がある漢方です。いわば、妊婦さんのサプリメントみたいなものですね。

構成生薬は、当帰・芍薬・川芎・白朮・黄芩 の種類とシンプルな構成です。中でも、当帰・芍薬・川芎 は補血薬といって血行を良くしたり、各組織に血液中の栄養をしっかりと運び届けてくれたりする働きがあります。ですので、お腹の赤ちゃんにもママの栄養がヘソの緒を通ってしっかり届くようになるんですよ!ヘソの緒はママと赤ちゃんをつなぐ命綱みたいなものですからね・・・ここの血流が悪くなれば当然赤ちゃんは成長に支障が出てしまいます。

また、 白朮や 黄芩 は水分代謝を正常にしたり抗酸化作用や抗炎症作用により母体の健康維持をサポートしてくれます。名前にもなっている当帰にはビタミンB12や葉酸も含まれているんですよ。

ちなみに、当帰が処方名に付く漢方薬には当帰散の他に当帰湯や当帰芍薬散、当帰飲子などいろいろあり、効能効果もそれぞれ違うのでお求めの際は間違えないように気を付けてくださいね。

バックナンバー一覧へ
このページの先頭へ