マンスリーカンポー Back Number
2012年1月[薏苡仁湯]

ヨクイニンとは、一般にはハトムギという名で知られている身近な生薬の一つです。夏にハトムギ茶として親しんでいる方も多いのではないでしょうか?皮膚科ではヨクイニン錠としてイボの治療にしばしば使われています。

そんな身近なハトムギが名前についているこの処方ですが、関節痛や筋肉痛に使われます。実際には、リウマチによる関節の痛みや腫れ、変形性関節症などの改善に用いることが多いんですよ!最近の研究では、免疫系を正常化するということもわかってきており、自己免疫疾患の一つであるリウマチに効果があるというのは納得です・・・

構成生薬は、よくいにん(ハトムギ)・麻黄・当帰・白朮・芍薬・桂皮・甘草の7味がブレンドされています。それぞれの生薬が協力し合って、温めたり・腫れやむくみを取り除いたり・筋肉のこわばりを和らげたり・痛みを鎮まりやすくしたり・・・と単品生薬だけでは出せない効果が期待できます。

味は、桂皮(シナモン)の風味に甘草の甘みが混ざり合いそこに当帰や麻黄の独特な味がアクセントになっています。よく漢方薬は苦いといわれますが、この処方は甘さが主張している処方です。麻黄が含まれているため血圧の高い方には要注意ですが、膝に水が溜まりやすい・足首が腫れやすい(むくみやすい)という方には(体質やその他の疾患に問題が無ければ)試してみる価値がありますよ!

バックナンバー一覧へ
このページの先頭へ